0円から目指す配当金・株主優待生活

ポイ活で貯めたポイントを元手に0円から投資をします!

【感想】ルーズヴェルト・ゲーム

こんにちは!

はると申します。

 

最近読み終えた本の紹介です!

 

ルーズヴェルト・ゲーム

作:池井戸 潤

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ル-ズヴェルト・ゲ-ム /講談社/池井戸潤 (文庫)
価格:351円(税込、送料無料) (2020/11/11時点)


 

 

読みやすさ ★★★★☆

面白さ   ★★★★☆

スッキリ度 ★★★★★

(あくまで個人的感想です。)

 

 

ドラマにもなっていたので、皆さん一度は見たことがあるかもしれません。

池井戸潤でおなじみの逆転物語です!

結末が何となく予想できるのについつい読み進めてしまうのが、

池井戸潤の凄さだと感じます。

 

作品の内容としては、

 

不景気な情勢の中、ライバル企業の攻勢や取引先からの受注減により、

なかなか思うような結果が出ない、中堅企業の青島製作所が舞台です。

不況のあおりを受けて、社内での人員整理や野球部の廃部を迫られる中、

社長や野球部員、社員がそれぞれ逆転に向けてひた走る

 

というような内容です。

 

野球と経営は直接は関係してきませんが、

勝利へ向け野球部員が一致団結していく姿や

それをサポートする応援団の力で社内が盛り上がっていく姿が

感動を誘います。

個人的には、最終戦の前に応援団がこのまま応援をするか否かの話し合いのシーンに

思わず涙がこみ上げそうになりました!

 

もちろん野球部の試合シーンや社長側の経営サイドの部分も

すらすらと読み進めていけるほど熱中できます!

 

まだ見たことのない方は、ぜひお手に取って読んでみてください!

ご覧いただきありがとうございました!