冬の凍結防止予防について

こんにちは。

はると申します。

 

今年は気温も寒く、全国的に雪がひどいですね...。

そんな時は路面状況も悪く、外出するのも億劫ですよね...。

 

冬の時期になると、水道管・給湯器の凍結によって

水道が使えなくなる現象がありますね!

そんなときの予防策・対応策をご紹介します!

 

 

f:id:y-adg:20210120200937p:plain

 

 

水道管・給湯器凍結の予防策

 

①夜中に水を少し出す

これは皆さんご存じの対策方法かと思います。

主に夜中になると気温がグッと下がりますので、

水道管が凍ってしまい水が流れなくなります。

結果として、蛇口をひねっても水が出なくなってしまいます。

 

そんな時は!

 

夜中に少し水を流しましょう。

水道管内で水の流れを作ることによって、

水が管内で流れができ固定されないため、凍りにくい状況になります。

 

水道代を気にしてしまうかもしれませんが、

水道管や給湯器が壊れた場合修理費用に10万円以上するので

そこは妥協せずでいきましょう。

 

 

②浴槽に水をはる

これはあまり実行されていない方が多いかもしれません。

冬の時期に物件の内覧に行くと、

たまに浴槽に水が貼っていることがあるかもしれません。

実はそれ給湯器の凍結防止のためにしてるんです。

 

給湯器と浴槽で繋がっているため、配管が凍結してしまうと

給湯器の破損に繋がってきます。

 

最近のガス給湯器は、機器の周辺温度が3℃以下になると

『自動ポンプ運転』が機能します。

自動ポンプ運転によって、配管内のお湯を循環させ

凍結を防止することができます。

 

ですが!

この機能は、浴槽の循環器具(お風呂にある銀色の金属)の上部まで

お湯が貼っていないと作動しません...。

ですので、循環器具の上まで水を貼っておきましょう。

またブレーカーを上げていないと、自動ポンプ運転も働きませんので

忘れずに上げておきましょう。

 

※追い炊きなし・オール電化物件は不要です。

 

 

凍ってしまった時の対応策

では凍ってしまった時はどうしたらいいのでしょうか...?

 

そんな時は、

①自然解凍を待つ

②ぬるま湯をかける(30~40℃くらい)

③ドライヤーやストーブで温める

 

を実行しましょう!

 

間違ってもしてはいけないのが、

早く解凍させるために熱湯をかけてはいけません!

凍ったところに熱湯をかけると水が膨張し、

水道管が破裂してしまいます。

急がば回れ精神で、焦らずゆっくりと解凍していきましょう。

 

 

以上になります。

冬になると毎度困ることかと思うので、

しっかりと対策をして余計な修理費用をかけないようにしましょう!

 

ご覧いただきありがとうございました。